不動産知識

「早く決めたほうが良い」は本当?

皆様、営業マンに「早く決めたほうが良いですよ」と言われた経験はありませんか?

 

「どうせ営業トークでしょ」と思われる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

しかし営業マンも、さすがに何の根拠もなくそんなことを言っているわけではありません。

 

「早く決めたほうが良い」その理由を話さない営業マンには要注意ですが、きちんと理由を話してくれる営業マンの話は、しっかりと聞いてご判断いただくことをお勧めいたします。

 

では、その根拠とは?

 

 

 

今回は賃貸の場合で、特にこれからの時期にフォーカスを当ててお話しいたします。

 

 

 

<2月>

3月、4月は引越しの時期であり、部屋探しにお客様が殺到するのがこの2月。

なぜかと言うと

・就学

・進学

・就職

・転勤

・転職

などが同時に起こる、1年で1度のタイミングだからです。

 

不動産会社は大忙し。

昨日WEBで見ていた物件が、翌日には申込が入ったなんてことは実際によく起こります。

物件がなかなか決まらないと、ぎりぎりになって焦ってしまい、妥協して部屋を決めることに。

そして3月末~4月初旬に、引越しをしようとすると引越代がかなり高い!

なんてことになってしまいます。

 

2月の部屋探しは早い者勝ちなのです。

「良いな」と思える物件があったら「早く決めたほうが良い」は間違いではないのです。

 

 

 

<3月>

1月、2月ですでに物件を決めた人が多くいるため、3月は物件が少なくなる傾向があります。

しかし、まだ決めることができていない人や、3月にならないと部屋探しができない理由がある人も多く、まだまだ部屋探しをしている人が多い時期です。

4月からの新生活に合わせて引越しを考えているならラストチャンス。

同時に3月末で退去になる部屋も数多くありますが、室内は見れません。

結果として、室内を見ずに決める方も多くいらっしゃいます。

 

3月は「早く決めたほうが良い」ではなく「早く決めるしかない」時期だと言えます。

 

 

 

<4月>

3月までに多くの物件が決まってしまうため、物件数は少なくなります。

同時に、不動産会社は比較的落ち着きを取り戻すため、ゆっくりと探したい人にはお勧めの時期です。

この時期に探される方に対して「早く決めたほうが良い」と言われたら、少し注意が必要です。

きちんとその理由を説明してもらいましょう。

 

 

 

このように、特にこれからの時期は「早く決めたほうが良い」理由があります。

では4月以降は?

 

 

 

 

ケースバイケースですが

 

・その物件が人気物件である

・他からも見学予約が入っている

・お客様にとってそれが適切な物件である

 

そんなときには「早く決めたほうが良い」と営業マンは言うでしょう。

その根拠を聞いて、納得できるなら決めると吉です。

 

「いやいや、そうは言っても、、、」と思われる人もいらっしゃるでしょう。

転勤をよくされる方は、引越し(部屋探し)に慣れているため、決断が早いですが、初めての部屋探しをする人は、なかなか決められないのも当然のこと。

 

 

 

しかし

 

・部屋探しをする理由、動機

・予算、エリア

・様々な条件からの総合判断

 

などの根拠を営業マンが示して勧められ、それを「良いな」と思ったならば、思い切って決断することも大切です。

 

ご注意いただきたいのは、根拠も示さずに「早く~」と言われた時や、その理由に納得できなかった時。

 

「早く決めたほうが良い」は時に適切ではありますが、いい加減な「早く決めたほうが良い」にはご注意を。

  • Renotta リノッタ
  • カウリノ 買うリノベーション
  • 空室のお部屋をサンホーム岡山がお借りします!